「湯の花荘」料理長の日常を綴っております。
冬瓜・・・夏料理には欠かせない
皆様、こんにちは
毎日暑さ厳しいですね。
さて、今日は冬瓜料理です。

琉球 冬瓜 (愛知県 豊橋産) です。
お椀から酢の物など幅広い食材です。
その中でも、私自身が得意とする調理は、煮焚き物です。
それでは夏冬瓜の海老そぼろ餡かけでも
作りましょう。
P1040744_R.jpg
山形の名産・特産
いつも山形のK様ありがとうございます。
毎年この夏を楽しみにしております。皆さん山形の特産品
尾花沢スイカです。

スイカ生産量
1位 熊本県
2位 千葉県
3位 山形県
ここでこの尾花沢スイカについて!
なぜ美味しいスイカが出来るか
それは、地形です。
山形盆地・米沢盆地・・・水はけや日当たりの良い扇状地や
山の斜面の栽培、自然栽培に適している場所なのです。
日中の暑く夜涼しく、寒暖の差が、強い甘みをつくりだし、シャリシャリの
みずみずしい触感が楽しめる。
j従業員・パートさん全員で頂きました。
大変美味しく頂きご馳走様でした。
P1040712_R.jpg
P1040713_R.jpg
P1040715_R.jpg

秋田の夏食材と言えば・・・
秋田の夏食材と言えば・・・・・じゅんさい です。

秋田県三種町のじゅんさいは生産量 日本一です。
じゅんさいは水草の一種、淡水の沼に生息、沼の深さ約80~100cm
沼底に根を張り・茎を伸ばし楕円形の葉を付け
春から夏収穫!
茎から新芽が出てゼリー状のヌメリで包まれ
この部分を摘み取ります。
収穫されるじゅんさいは全て、箱型小船に乗り
ひと芽・ひと粒手作業です。
だからこそ時間や手間ひま掛かる、商品や食材が高価な訳です。
P1040720_R_R.jpg



当館・選べるお造り・・人気お造りは!
料理長 荻原です。
湯の花荘の板場を仕切り、早いもので、八年目に入りました。
月日が経つのは早いものですね。
我が家の子供たちも大きくなり、息子には頭ひとつ分
背をぬかれ見下ろせれています。
親父頑張ります。

話が飛んでしまい失礼致しました。
さて本題ですが、当館ではご予約の際にお造りが選べます。

① 海の魚 (3~4種盛)
② 日光生湯葉刺し
山の魚 天然仕立て 活岩魚(いわな)姿造り
私の一押しは、いわなのお造りです
鮮度抜群・生臭さ取る下処理法・身の〆、身の弾力
是非ご賞味ください。美味いです。
P1040700_R.jpg
P1040701_R.jpg
P1040703_R.jpg
P1040705_R.jpg
湯の花荘の朝食
こんにちは、料理長 荻原です。
きょうは、朝食の一品に注目して見ましょう。
まずは、体にやさしい・体に良い・安全な食材を掲げて調理してます。
さて注目は、お目覚めのスムージーです。
宿で契約農家の山田さんちのほうれん草・リンゴ・バナナ・オレンジ
緑色のスムージーです。
朝から胃にやさしく活力の源です。

是非 朝から楽しみに!
P1040707_R.jpg
P1040711_R.jpg
Copyright © 湯の花荘 親方の小言. all rights reserved.